有料老人ホームの種類と特徴

介護保険施設は安価ですが、そのために人気が高く入居難易度はやや高めだと言えます。

そのため、今回は民間事業者が運営している、入居しやすい有料老人ホームの種類とその特徴についてお伝えします。
まず、「介護付有料老人ホーム」についてです。ここには介護度が自立~重度の方が入居することができます。

介護付有料老人ホームにアクセスしてください。

施設のスタッフが介護する「介護専用型」、要介護者と健常者の両方を受け入れる「混合型」、外部事業者を利用した介護サービスを提供する「外部サービス利用型」の3種類があります。

受け入れる対象者が施設ごとに異なるため、入居希望者の状態にあった施設を探すことができます。次に、「住宅型有料老人ホーム」についてお伝えします。ここには要介護度が自立~中度の方が入居することができます。



介護が必要では無い場合、介護付きの施設よりも料金が安いことが特徴です。

レクリエーションや施設設備が充実しており、活力のある生活を送ることができます。

介護が必要になった後は外部の介護サービスを利用しながら住み続けられます。最後に、「健康型有料老人ホーム」についてお伝えします。ここには要介護度が自立~低度の方が入居することができます。ほとんどの家事をスタッフに任せ、スポーツや読書等の趣味に集中できることが特徴です。

togetterに関する詳細です。

ただ、介護が必要になると退去しなければならないことに注意するべきでしょう。

これら3種類の施設はどれも個室ですから、プライベートも守られます。

特徴や注意点をよく確認して利用することが重要です。