老人ホームと言っても様々な

老人ホームと言っても様々なものがありますから、実はどれにするべきなのか、というを欲検討することになります。


一般的には、65歳以上の高齢者が入居する施設ですが、病気次第では、40歳くらいから入居する人もいます。法律的には、二つあり、有料老人ホームと老人福祉施設というのがありますが、他にも定期的には老人ホームではありませんが、保健施設などもその代用として使われることがあります。

日本で最初のこうした施設は意外と歴史が深く、江戸時代の8代将軍の吉宗が身寄りのない老人、家族が面倒を見れない老人を集めた施設を作っています。
近代になって出来たのは、実は外国人が作ったもので、イギリス人エリザベス・ソーントンが明治28年にあくまで女性の老人を対象にした養老院が建設された経緯があります。
その後、昭和になって、正式に法律が作れて、老人を保護、介護する場所に関する法として、救護法が制定されたわけです。

その後、更に、生活保護法になり、養老院という名称が養老施設になりましたが、まだまだ変更する余地があったのです。

こだわるならハフィントンポストの喜びの声を頂いています。

そこで、昭和38年には老人福祉法が制定されて、今の老人ホームという名称になったわけです。



今後、3人に一人が老人になる、というような状態になると日本社会は言われています。
ですから、しっかりと法整備をして、更に言えば費用負担に関してもかなり上手く制度を作る必要性が求められています。


介護保険も国庫を圧迫しています。